料金を抑える方法|引越しの際には複数の業者を比較すると良い
玩具の家とトラック

引越しの際には複数の業者を比較すると良い

料金を抑える方法

荷造り

時間帯の指定をしないで予約する

引越し料金は、3月から4月の繁忙期となると割高となります。かといって時期をずらせばオフシーズンになって安くなるのですが、この時期にしか引越しができないという方がほとんどですので時期をずらすというのは人によって難しいです。それであれば時間帯をずらすことで料金は安くなるのです。時間帯の選択は、午前、午後、指定なしがあります。この中で一番安いのが時間帯をしていないことです。ほとんどの方が午前中の内に引越しは終わらせたいと考えますので、どうしても午前中は混雑していきます。それを時間帯指定なしにすることで引越し業者が、都合のいい時間帯に現場に向かってくれます。いつくるか分からないのですが午後になることがほとんどです。

他人の荷物と一緒に運んでもらう

引越し料金を安くするポイントのひとつとして、他の家庭と他人と一緒のトラックで一緒に荷物を運んでもらう混載便などと呼ばれるものがあります。これは、同じ方角、同じ地域に引っ越しをされる他の人の方と一緒のトラックに荷物を積載することで、同じ方角ということで人件費やガソリン代、交通費なども節約できるので料金が安くなるのです。同じ方角だとガソリン代も割り勘になるといった考え方なので、それで料金を安くできることにつながるのです。しかし、同じ地域への引越しの件数が少ないとなるとだめですので、ある程度荷物が集まることによってできるプランになります。不定期であり、荷物が届くのかもいつくるのかも指定できない点はあります。